--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 | この記事のリンク

2014-11-19

遊び上手

継続訪問、個別相談、どちらも各ご家庭でこどもにどうやって教えたらいいか、どんな遊びをしたらこどもが楽しんでくれるかをいつも考えていただくことになります。
私たちでもこどもたちに合わせて新しい遊びを考えていくのは一苦労・・・
でもいい遊びができあがれば、こどもにいろ~んなことが教えられます。もちろん一緒に楽しみながら!

お母様方のビデオを拝見していると、いつもお~なるほど!こういう遊び方ができるんだ!
これはおもしろそう、私もやってみたいな~なんてヒントをもらうこともたくさんあります。

先日も、おぉ!と思うビデオを拝見したので、少しご紹介を。
まずはお一人目のお母さん、
お子さんは電車が大好き、お出かけ大好きということで、今は電車ごっこやピクニックごっこなんかを遊びに取り入れてくださっています。
電車ごっこはお子さんをタオルケットの上に乗せて引っ張るというもの、
これだけでもいっぱい言葉の練習はできるのですが、このお子さんは「いや」がうまく言えなかったので、
お客さん(人形)を乗せるときに時々お子さんの嫌いな人形を出して「いや」の練習をしてくださっていました。
そして、そこに駅の看板をつくる(文字を描く練習)が入り、
今は切符が追加になりました。(ハサミの練習ができます♪)
そして、これだけでは終わらなかったお母さん、
お子さんが好きな切符を最後に通せるように改札を箱で作ってくださっていました。
切符は本当に好きなようで、作る頃になるとビデオで見ていてもはっきりとわかるくらいうきうきと体が上下に揺れています。
紙と箱で切符と改札、でもこの電車遊びが何倍も楽しいものになったようです

もう一人のお母さんは今はやりの妖怪ウォッチをうまく遊びに取り入れてくださいました。
妖怪ウォッチがだ~い好きなお子さん、
最初はお互いに妖怪を言い合って、まねをしあって楽しんでいらっしゃったのですが、
そこにお父様が素敵なグッズを作ってくださいました!
手作り「妖怪ウォッチ」!!
ホームセンターや100均で安い腕時計と女性の丸いコンパクトを買ってくっつけてくださったんです。
コンパクトにはちゃ~んとメダルがはいります。
なるほど~と私もびっくり。
本物の妖怪ウォッチはメダルを入れると勝手に歌ってしまいますが、手作りのメダルはそうではないので、
一緒にメダルを入れてタイミング合わせをしたり、一緒に歌を歌ったり、いろんな課題に使えます!
そして、これまたお母さんがとっても上手に歌って踊ってくださるので、遊びが盛り上がります。(本物のウォッチだとウォッチを見て終わってしまうかもしれないですが・・)
今までもプリキュアの衣装を作ったり、敵の衣装を作ったり、
その度ごとに新しいことをお子さんは学んできました。

市販のおもちゃをその通り使っても一緒に楽しく遊べますが、
それだけではなくって、ちょこっと工夫をしただけでも遊びの幅が広がりますし、
そしてなによりお子さんのテンションがと~ってもあがります。

市販のおもちゃでも手作りのものでも、お子さんのテンションがあがるようにちょこっと一工夫、
これが加えられるようになるってことが、遊び上手になるってことなんだろうなと思います。

スポンサーサイト

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2009-08-10

セミナー後のお母さんたちのセラピービデオ

今年も7月セミナーにたくさんの方にご参加頂き、ありがとうございました。

私はセミナーも楽しみなんですが、セミナーの後に、セラピーにお伺いして
お母さん方の感想をうかがったり、お母さんたちのセラピーのビデオを拝見する
のがとても楽しみなんです。

特にセミナー後のセラピービデオ、どのお母さん方もいつにも増して気合いが入ってはるんです
お母さんがとっても高いテンションだったり、新しい遊びが増えてたり、セミナーに出てきた遊びが入っていたり・・・
時には、部屋が片付いていたり?お母さんの服装がいつもと違ったり??という変化もあったり(セミナーでビデオが出て、あ~もっときれいにしとけばよかった・・・と思われるんだとか)

今年もお母さん方の気合いの入り具合、楽しみにしています

あっ、でも一つだけ・・・セミナーのビデオに出てきた遊びをされるときには、ビデオの遊びの楽しいポイントとご自分のお子さんが今楽しいと思うポイントと合っているのか・・だけは気をつけておいて下さいね
同じおもちゃを使えば・・同じ遊びをすれば・・うまくいくというわけではなく、その遊びの中にお子さんが楽しめるポイントが入っているかどうかが大切なので。
ビデオに出てきたおもちゃや遊びを参考にして、そこにお子さんの楽しめるポイントを組み込んでアレンジしながらセラピーをしてみてくださいね。

コメント ( 1 )件 | この記事のリンク

2008-09-20

思い出話??

今週、Jくんのお母さんとの最後のミーティングがありました。
Jくんのお家に伺うようになってからもう3年半・・・思い出もいっぱいです

伺い始めた頃はまだお話していなくって、とにかく部屋中を走り回っていましたよね、とか
ずっとなんか怒ってた気がします(母)、とか
そういえば怒って椅子を倒しまくっていたのでお家の椅子は全部机にくくりつけられてましたよね、とか
そういえば、最初から魚は好きだったんですよね、とか
あんなにちっちゃかったのにね、とか
かわいかったですよねぇ(母)とか

3年半嬉しかったこと、大変だったこと何かといろいろありました。
でも、お会いしたときよりも随分たくましくなられたお母さん、
最終的なコメントが「なんか前のことすぎて思い出せないですね、大変だったこともあるんですけど」

そうですよね、私も何となく覚えてる、ビデオを見れば思い出す・・・ですが、
最初どんな大変だったかなんて結構忘れてるもんです。
でも、それはお母さんが取り組んでこられたことがJくんの成長につながってきたからなんでしょうね。
今ちゃんとJくんができるようになってるから、大変だった頃のことも忘れられちゃう♪みたいな。
そんなわけで、思い出話も長くは続かず、今のJくんの話題がいっぱいに。

それからもう一言、
「あの頃はJのことが全く分からなかったんですよね、Jが何か言いにくることもなかったし、ずっと怒ってるし、かわいいとも思わなかったし。今昔のビデオ見るとかわいい~と思うんですけど」と。
ということは、今はJくんのことが分かるようになってきたってことですよね。

Jくんがいろいろお話できるようになってきたというのもあるとは思いますが、
お母さんが「今なんでJくんは怒ったんやろう」「何が好きなんやろう」「なんでこれができなかったんやろう」と一つ一つ丁寧に見て考えてこられた結果かなぁと思います。

まだセラピーにはお伺いするので私自身もうJくん卒業なんだなぁ・・・という実感がないんですが・・・次のおしゃべりの時にはJくんと思い出話でもしてみましょうかね
覚えてるかなぁ・・・

おしゃべりが随分上手になったJくんですが、まだうまく伝えられないこともあります。
うまくしゃべれなくなってきたときはJくんは逃げ逃げモード、
でもああかな?こうかな?と分かろうとお母さんがされていることで、聞いてあげようという姿勢があることで、Jくんは頑張っておしゃべりを続けてるんですよね、今。
日常でも、お母さんが聞く姿勢をもっていてあげると、Jくんがお母さんに伝えようとすることは続いていきます。
日常、どたばたすることもあると思いますが、これからもJくんができないことがあっても「なんでかなぁ?」と考えながら一緒に練習していってあげてくださいね。
お母さんがJくんのことを分かろうとされていて、Jくんのお話を聞こうとされているなら、Jくんがお母さんに伝えようとすることは続いていきます。
そして、Jくんの成長は続きますので。
しんどいときはお互いうまく距離をとりながら、時には大変な時期もあるかもしれないけれど、
お母さんとJくん、そしてご家族の日常の楽しい時間が増えていきますように



コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2008-09-02

質問しないことの難しさ

今日はWくんのおうちでのミーティング。
セミナーに参加してくださったWくんのお母さんにセミナーについてお話をうかがいました。
Wくんのお母さん、セミナーでとっても大事なことに気付かれていました

『私・・・いっぱい質問してます・・・と気づきました。セミナーのおしゃべりのところで、江口さんが質問せずにお話してくださいと言われて固まってしまって。』質問をなくしたらしゃべれないぞ・・・と。

Wくんのお母さん、大事なことに気付かれただけではなく、
今自分はできてない→だから練習しよう!
とWくんの弟くんを相手に質問をせずにお話する練習をされたそうです。
自分は質問しちゃってた・・・ここに気付かれたのは良かったなぁと。自分のできてないととこって見えにくいですもんね。
で、さらにさらに気づいて終わりではなく、じゃあなんとかしよう!と練習されたのは大きな一歩だったと思います

練習してみたものの、今まではしていた質問を減らすのは結構難しい・・・
ちょっとくじけ気味のお母さん
お母さん『質問しない方がいいんですよねぇ・・・』
私「そうですね・・お母さん、私に質問されるとどんなお気持ちですか?」
お母さん『緊張します』即答でした
私「嫌じゃないです?」
お母さん『嫌です』ここも即答・・・
私「いつ質問されるかと思ったら、ミーティング、ドキドキしますよね。Wくんもそんな感じなんだと思いますよ。」
で、すご~~~く・・・そしてしみじみ?とうなずいておられたお母さん。
(私が質問をしたときは言葉少なですが、車の中なんかで日常の出来事をお話してくださってるときはと~っても饒舌になってはりますもんね。)

大変なミーティングもセラピーもWくんとのおしゃべりに向けての試練の日々とあきらめて??
また次も頑張りましょうね。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2008-05-21

大事なこと

Jくんのお母さんが就学に向けての説明会に行かれました。
説明会に行かれての感想・・・

「お友達との関わりとか、ことばとか、勉強とか・・・そういうのは大事なんですけど、何よりも
身辺自立ができてるかが大事になるなあと思いました。」
なので、もう一度Jくんのことを見直されて、今できていないことに取りくもうと思われたそうです。

食事中の細かいルールや、トイレのスキル。
今一通りできていることでも、時間がかかりすぎてたらついていけないから、速くできるように・・・
と。

大事なことに気付かれましたよね。
就学に向けて、ひらがなの読み書きできなきゃ、簡単な足し算できなきゃ・・・
確かにできないよりできた方がいいんですけど、
でも、一人でトイレに行けない、給食が食べれない、着替えができない・・・と
身の回りのことができないと一人で学校に行くことは難しいですよね。

身の回りのことはセラピーの中ではほとんど練習しません。
わざわざセラピーでしなくても、毎日毎日、日常生活の中で練習する機会はあるからです。
朝夜のばたばたした時間帯に時間をとって子どもと向き合って練習を続けていくのは
セラピーをする以上に根気のいることかもしれません。

Jくんが、今園で大人の手をほとんど借りずに生活できている背景には、毎日のセラピー
だけではなく、日常生活のなかでお母さんが教え続けてこられたことがあります。
今回、新たに身辺自立のことを見直されたお母さんと「1年生になりたいから!」と最近ますます
頑張っているJくんなら安心です。


コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。