--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 | この記事のリンク

2013-01-31

貸してあげたり、もらったり

スクールトライアルではお絵かきをして過ごす休み時間を作っているのですが、
最近はわざと誰かに色鉛筆を忘れてきてもらってお友達と色鉛筆の貸し借りをする機会を作っています。

「貸して」と言ってお友達が差し出してくれるのを待っていられるか(「貸して」と言いながら相手の色鉛筆を触ってはだめ)、
お友達が「貸して」と言ってきたら「いいよ」と鉛筆を差し出してあげられるか(本人も絵を描いてると反応を返さないこともあるので)、
使い終わったら「ありがとう」と相手に返せるか・・・お子さんによって課題はいろいろ、
そして、大人に貸してあげる、大人から貸してもらう、お友達に貸してあげる、お友達から貸してもらう・・・お子さんそれぞれの課題によって相手も変わります。

いろいろある課題の中でどの子も一番苦戦しているのが貸してあげる、貸してもらうときに相手を見れるかどうかということ。
言葉は動きは上手にできていてもなかなか相手を見ながら、見続けながら・・・が難しい。
声だけを聞いていると「色鉛筆貸して」<いいよ、何色がいい?>「黄色」<はい>なんて、と~っても上手なんですが、
全くお互いを見ていなかったり、
AさんがBくんを見ながら「貸して」と言えたな~と思ったら、BくんがAさんを見て「いいよ」と言う頃にはAさんはもう別のところを見ていて・・・Aさんが机に置かれた鉛筆(Aさんが気づかず受け取らないのでBくんは机の上に置いた)に気が付いて「ありがとう」と言った時には今度はBくんが別のところを見ている・・・
こうもうまくすれ違うのかとこちらが感心?するようなことになってしまったり。

大人は子どもが見てくるのを待ってから動くので、大人が相手だとうまくできることも増えてくるのですが、
相手が子どものお友達になるとまた勝手が違うようです。

どの子もお友達と一緒にできるように残りのスクールもまだまだ練習頑張りましょうね~
(ちなみに、こども塾でも貸し借りの練習は継続中です

スポンサーサイト

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。