FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 | この記事のリンク

2015-04-22

かわいそう・・・??

新学期が始まって2週間余り・・・
そろそろ学校や園の生活が落ち着いてきて、うまくいってること、うまくいかないこといろいろとお話をうかがう機会が増えてきました。

家で練習したことが園や学校でもいかせてますね~ということもあれば、
いい配慮がしていただけましたね~ということもあり・・・
あ~そこはうまくいってないんですね、まだまだここ家でも練習しなくちゃということも。

園や学校の様子をうかがいながら集団や個別のなかで練習することを考えなおすのですが、
う~ん・・どうしたもんだかとなるのが、家でできていることでも「無理をさせるのはよくないので今は見守ってます」「嫌がるので無理はさせず本人がやりたいことを優先してます」といった報告・・・
もちろん全体の動きに合わせて動けないこどもたちもまだまだ練習が足りないのですが、園や学校でも本当は少しでも練習をしてもらいたいところ。
でも、本人が好きでないことをさせるのは「かわいそうだから」と言われてしまうことが多いんです。

でもそんなにかわいそうなことなんでしょうか?定型のお子さんだって、学校生活の中で苦手な場面ややりたくないこともあると思いますが、我慢してやっていることもあると思います。先生方も定型のお子さんであれば注意されることもあるのに、なぜか発達障害があるとなると「やりたくないことをさせるのはかわいそうだから」とそっとしておかれてしまうことが。
もちろん本人が理解できていないことを無理やりやらせる、スキルとして全くできないことをさせようとするのはかわいそうなのかもしれませんが、
できることでもついつい好きな本が目に入ってしまった、今遊んでいることをやめられないから先生に言われたことができない・・・やりたいことがあっても今は先生が言ったことをしなくちゃいけないよということを定型のお子さんだったらしっかり教えてもらえるのに、それを教えてもらえないことのほうがよっぽど「かわいそう」なんじゃないかなと思っています。
この先、自分のやりたいことをやりたいときにしかできない子になってしまうと、他の人と、家以外の場所で過ごすことができなくなってしまうので。
「発達障害がある」からといって学ぶ機会を奪われてしまうことが一番「かわいそう」なんだけどなぁと。

そんなことをグチグチと考えていたらあるお母さんからこんなメールをいただきました。

『定型のお子さんが「我慢して」(?かどうかわかりませんが、少なくとも好き勝手をせずに)授業を受けていても
無理させていることにはならないけれど、発達障害のある子供に「我慢して」(?かどうかこれもわかりませんが、
好き勝手をせずに)授業をうけさせることが、無理をさせている、と言われるのは、
やはり、「発達障害のある子は、定型の子供よりも‘劣って’いるので ○○ができない、△△ができないから、可哀想。
 ハードルを低くして上げなくちゃいけないんだ」という気持ちが意識しているかしていないかにかかわらず、
どこかにあるからだと思います。
発達障害のある子供は、苦手なことも多いけれど、苦手なこと以上に定型の子供よりもできることも多いですし、
苦手なことでも、一旦、すとん、と入れば、ある意味、定型のお子さんよりも完璧にできる、ということを
ご存知ないので、「できるかもしれない」という可能性も最初から否定(しているつもりはたぶんないのでしょうけれど、
能力的に劣っているから、求めるのは可哀想、ということで)しているのだと思います。』

そうなんですよね!
発達障害があっても学ぶ力はあるんです!(ちょっと教え方に工夫はいるかもしれないけど)
発達障害を理解して受け入れてあげよう・・・は「やりたいことをさせてそっとしておこう」ではないんだけどなぁと。

今回はちょっとぐちっぽくなってしまいましたね~すみません。

あっ、でもみなさんご注意を!
園や学校にお願いすることに気をとられて、ご家庭での練習を忘れないように!
家で、個別でできていないことは園や学校の集団の中ではできないですからね~
新しい生活が始まってちょっとお疲れのみなさん、
もうすぐくるGW、ちょっと一息ついてまた気合い入れなおしましょうね

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。