FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 | この記事のリンク

2015-08-06

えっ、そこ!?

夏休みなど長期休みに入ると、一日ず~っと家にいるのは大変なので習い事のサマースクールに行かれたり、
デイなどを利用されたりと保護者の皆さんは子どもたちにいかに時間を過ごさせるかで頭を悩ませはることと思います。

学校とは違う場所で、保護者の方や先生以外の人と活動するのは、うまくいけば子どもたちにとってもいい経験になりますし、
新たな成長を見ることができる場になります。
といって、いろんなことを詰め込みすぎると子どもたちも疲れてしまって、夏休み明け体調を崩す・・・なんてことになりますので、
注意が必要なんですが。

先日、保護者の方からこんな相談というか、ちょっとしたお話をうかがいました。
夏休みに入って、発達障害などがあるお子さんを預かってくれる機関にお子さんを初めて預けられた初日、
お子さんを担当してくださった方にずいぶんと怒られた?とか・・・
確かにやんちゃな男の子なので、何をやらかしたんだろう・・と私もドキドキしながら話を聞くと、
怒られた理由が、話をしているのに目をみない、お友達の名前を呼ばない、注意すると言い訳をしてくる

えぇ!!
と思わず大声をあげそうになると同時に笑いそうになりました。

確かにそうなんです。その3つは彼の今の課題なんです。(彼に限らず発達障害のお子さんによくある特徴かと・・・)
でも・・・怒られてもできないんだけどなぁ~
本人もふざけてやってるわけではないし。
詳しく話を聞くと、目をみないというのは職員さんに注意をされているときのことらしく(怒ってる相手をそりゃみたくないよね・・・)
初回なのでお友達の名前を覚えれていなかっただろうし(名前がわからないかわりに「おい」とか「おまえ」とか言葉はよくないですが、ことばで呼びかけはしようとしてたそうで)
それでずいぶんと怒られたのかと思うとちょっと彼がかわいそうになりました。
この3つができてたら彼は発達障害という診断はもらってないでしょうけどね~。

でも、この「できてない!」と指摘された3つも彼はずいぶんとできるようになってきてるんです。
怒られてる時には確かに目は合わしてくれませんが・・・彼の好きな話をしているとき、楽しい活動をしているときはよく目がありますし、最近ではうまくしゃべれないお友達がいたらしっかり目を合わして相手のジェスチャーでの返事を読み取ろうとしてくれることもでてきました。
お友達の名前も覚えたら呼べることが増えてきたし、それよりもまず手が出たりするのではなくってことばで相手の注意を引こうとできるようになってきてるんです。
そして、確かに自分のやりたいようにできないときは「なんで~!」「いつ~できるの!」と1時間だって止まりませんでしたが、最近では数回言う程度でおさめられることができるようになってきていて、「なんで!」といいつつも手はやるべきことをやっているなんてことも出てきました。
それ以外にも、2時間の授業中、数年前だったら何回ジャンプしただろう・・・カウントしきれない・・・という状態だったのに、最近では片手で足りるくらいの日が多くなっているし、
嫌なことがあると部屋から脱走・・・だったのが部屋にはとどまっていて、時には私に訴えてこれるようになってるんです。

初めて行く場所では確かに以前の彼の姿をご存じない方ばかりなので、今できていないことが目にはつくと思うのですが、
それなら保護者の方に最初にお話を聞いて、今の彼ができなくて練習していることはなんなのか、まだうまくはないけどできるようになってきていること(ほめるポイント)はなんのか、彼にはまだ難しくて練習できない(大人が手伝ってあげないといけない、環境を整えて失敗しないようにしないといけない)ところはなんなのかを少しでも把握していただけたら、
子どもたちも無駄に怒られることがないし、いい練習の場にもなるのにな~と思ってしまいます。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。