--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 | この記事のリンク

2017-07-27

キャンプ ご報告

園や小学校はもう夏休みに突入ですね~
キャンプのご報告をしなくては・・と思っているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。
今年もいろんなことがあった二日間、少しだけ子どもたちの様子をご報告させていただこうと思います。

まずはキャンプ初参加となるスクールさんたち。
今年は時期的に園の宿泊と重なったりして全員揃わなかったので、余計に参加した二人は知っている人が少なくってドキドキしていた様子でした。
出発してしばらくは、二人ともそんなに静かだったかな~という感じでしたが、二人ともだんだんと場の雰囲気に慣れ・・それ以上に優しいお姉さんに慣れ、晩御飯を食べるころにはすっかり元気になっていました。ちょっとお姉さんにべたべたしずぎて先生に怒られることもありましたが。
初めての場所や初めての遊具などちょっと腰が引けてしまう男の子も、お姉さんやスタッフに促されて挑戦してみることができたり、最年少での参加だった男の子も大きいお兄ちゃんたちに負けず「ハイハイ!」と発表することができたり、二人ともとっても頑張った二日間でした。

年々一人でできることが増えていく二組さん、
おしゃべりをしたりするのは1組さんや卒業生さんたちに比べると苦手なんですが、キャンプにいくと集団で動くこと、身辺自立スキルが周りと比べてもよくできていて驚くことが多いんですよね~。ここは普段からの練習の部分なので、日々頑張ってくれているんだなぁとうれしいことばかりです。

最年長となった男の子、もうキャンプもベテランの域(笑)
初めてのキャンプではひたすらゴロゴロ、布団でゴロゴロ、床でゴロゴロ・・・だったのに、今年はもちろんゴロゴロはなく、先生の指示で集合したり物をとりにいったり、ご飯もお風呂も自分でこなし、いい意味で存在感なく二日間をさらっとこなしてくれました。
今年は初対面のボランティアさんと組むことになった女の子、とっても緊張しやすいので大丈夫かなぁと心配していましたが、大きく固まることなく、慣れないお姉さんが相手でもいっぱいお話しして頑張れていました。なかなか言えない「トイレ」もちゃ~んと伝えて、お腹が痛いときも自分からトイレに行くことができていました。
2組の中では一番年下の男の子、去年に続き、今年も嫌な時に寝っ転がることもほとんどなく、集合すればその場から離れることもなく、集団について活動ができていました。珍しく夜なかなか寝れなかったので調子がばっちりだったわけではないのだと思うのですが、それでも集団活動に大きな支障がないくらいに活動できるのは日常で練習を続けている賜物だなぁという感じです。

そして、1組さん、
スクールさんだったころからキャンプ参加は皆勤賞、大ベテランの男の子(笑)
さすがにもう6年生、林間学校や修学旅行なんかも一人で無事にこなし、本当にたくましくなりました。そういえば毎年恒例だった「お母さんに電話してもいいですか?」は今年はなかったなぁ。ここ数年お願いしている作文発表の司会も周りを見て準備できたのを確認して合図を出せたり、ゆっくり話せたりと100点の出来!ほんとに立派になりました。
こちらもずいぶんとキャンプには慣れてきた(でも来たくはなかった・・と訴えてましたが)男の子、教室では自分が我慢したり、人に譲ったり、小さい子に手加減したり・・が全然できなくて練習中なのですが、このキャンプではペアの子の意見を受け入れたり、1組の最年少の子の面倒をみてくれたりとお兄ちゃんぶりを発揮してくれました(二日目はちょっと疲れて教室での彼に戻ったようでしたが(笑))。
そして初参加の男の子。
初参加ながらもそんなに緊張した様子はないかな~と思っていたのですが、教室とは違って1組のあとの二人にくっついてまわり、言われることも少し受け入れることができていたので、やっぱりドキドキしてたのかな、知ってる人といると安心したのね~という感じでした。集団で動くこと、自分の身の回りのことを一人でこなすことはまだまだこれからの課題ですが、キャンプでは大きいお兄ちゃんたちに交じって一生懸命真似をしながら遊んでいたので、来年の成長が楽しみになりました。

最後に卒業生たち、
去年のスクールさんたち、
小学生になって、そろそろ学校生活にも慣れてきたかな~というところの3人、
スクール卒業生さんたちはキャンプでは一番怒られる(笑)のが恒例なんですが、今年は・・・。
やっぱりちょっと怒られちゃったかなぁ。
先生の指示はよく聞いて動けていた男の子、でもちょっと探索に行きたくなることが多くって先生に止められることが多くなってしまいました。でも、勝手に出ていくというよりは先生をちらっと見て・・いいいかなぁ・・みたいな顔をしながら出ていきそうに・・でやっぱり怒られるとなってました。ちゃんと先生に表情でお伺いをたててたのはかわいかったです。
先生のことはよく見てくれるんだけど、指示を聞く前にお試しでふざけてみます・・が多くなってしまった男の子、なかなか落ち着けなかったのですが、それでも集団から外れてしまうということは有りませんでした。作文なんかは意気揚々と書いてたり。今からまだまだ挽回できそうです!
初対面の同級生の男の子とペアを組んで動くことが多かった男の子、みんなが遊んでいるのは気になってじ~っと見ているのですが、自分から一歩が踏み出せず、でも誘われてもなかなか入っていけず・・・でちょっともどかしい様子が多くなりました。ペアの男の子はいろいろ提案してくれ、譲ってくれるので、まずはうまくのっかって遊んだらもっと楽しくなるのにな~、そして相手の意見も受け入れることができるようになるともっと同級生とのかかわりが増やせるのにな~とこれからもいろんな練習して頑張ってほしいなぁという二日間でした。

去年のキャンプ以来1年ぶり、2年生の男の子、
久々だったので、最初は緊張していてなかなか指示も通りにくかったのですが、だんだんと慣れてきて、二日目には視線をあわせて指示を聞いてくれることが増えました。自分の好きな活動を中断することが苦手だった彼ですが、今年は中断させられて怒ることは一度もなく、ちょっと文句を言うことはあっても手は片付けに向かって動いてるという感じで、成長を感じさせてくれました。

残りキャンプはもう慣れっこの卒業生3人、
毎年顔を見せに来てくれて、成長を見せてくれて嬉しい限りです。

いつもニコニコ、どんなことにも物怖じしなかった男の子、
今年もニコニコ具合は変わらなかったのですが、みんなの前での自己紹介、例年大きな声で堂々としていたのに、今年は少しもじもじし、少しつまりながらの発表。表情はちょっとはにかんだような、固いような・・・あ~緊張してる~というのが横にいてよく伝わってきました。「緊張」なんてことができるようになったんだなぁと驚きました。
(「学校の先生と寺口先生、どっちがやさしい?」と質問され、少し目をそらしながら「寺口先生」と答えるなど、ちょっと気を遣えるようになってたりもして。)
おしゃべり大好きな男の子、
今年もなかなかおしゃべりが止まりませんでしたが(笑)、自分からいろんな遊びを提案したり、お友達を誘いに行ってくれたりと小学生チームのリーダーとして輪の中心で頑張ってくれました。スクールに来てた頃、みんなが走り回っている輪に入れず壁に張り付いていた(本当に見事に張り付いてましたね(笑))頃がうそのようでした。
そして、こちらもスクールのころからずっときてくれている男の子、小学校低学年のころは自分が失敗したり注意されたりすると、思わず言い返したり(それが暴言になったり)していたんですが、今年のキャンプでは失敗したことがあっても少しまずいような顔をしてボランティアさんに伝えることができ、昔から彼をしっているボランティアさんを驚かせていました。


報告を書いていると、ちょっと前に行ったばかりですが、また子どもたちとキャンプに行きたくなってきますね~。(終わった直後はふ~という感じなんですが、思い出していると楽しくなってきて。)

夏キャンプだったことしは、いつものハロウィンとは違って、夜はきもだめし。
やっていることはハロウィンとそんなに変わらなかったんですが、「きもだめし」となるとなぜかみんな怖かったらしく・・・。その怖がっている姿がこれまたかわいく、来年も夏でもいいかなぁ・・いや、やっぱり暑いのはつらいかなぁ・・みんなが来てくれやすいのはいつなんだろう・・・と今から来年に向けて準備開始です!



コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。